【PremierePro】LINE風吹き出し動画(アニメーション)の練習記録

Premiere Pro

今回は、動画編集クリエイターのmorisuku さんのYouTubeの動画を参考にLINE風動画を練習で作ってみました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
こちらの記事と参考動画を合わせて見るとLINE風吹き出し動画が作れます。
参考動画だけでもわかりやすいですが文字情報としてお使いください。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

手順は以下のとおりです。

①LINE風吹き出し画像の挿入しサイズ調整
②文字入力→ネスト
③ネストしたものをダブルクリックし開いて全てをコピー
④コピペしたものを修正していく
⑤ネストしたシーケンスにトランスフォームしていく
⑥3〜5を繰り返し次々に作っていく。
⑦アニメーションをつけていく

こちらが参考にした動画になります。

LINE風アニメーションの作り方 Premiere pro
とてもわかりやすいのでおすすめです。

⬇参考動画を元に作った動画⬇

line風動画(アニメーション)を作ってみたよ!
雰囲気はそれっぽいものが出来たと思うのだけれど細かい部分が気になります…
(既読や午前の文字がないとかではないですよ)
※文字が出た最後の時、ブレているというか、はねていると表現するのか
ポコンと出たあとの表現の仕方がわかりませんでした。

——————————————–

❏用意したもの❏
・吹き出し(Illustratorで作成)

LINE風吹き出し
LINE風吹き出しです。練習用に使ってください
(右クリックして”名前をつけて画像を保存”で使えます)

・動画(フリーのものを使用)
⬇MotionElements⬇無料で使える素材もあります。
MotionElementswww.motionelements.com

——————————————–

①LINE風吹き出し画像の挿入しサイズ調整。

画像を挿入後、エフェクトコントロールパネル内
【fx モーション → 位置 をクリック】
すると、画面上にBOX?が出てくるので拡大縮小+移動して確定。

②文字入力

【ファイル → 新規 → レガシータイトル】
文字色(黒)フォント(それっぽいもの)サイズ(吹出しサイズへ)
※作成したものをタイムライン上へ配置
※作成したものをoption+移動でコピーする。
※コピーしたものをダブルクリックし「時間」を作成し配置する

:……:……:……:……:……:……:……:……
ここまでで出来たもの。タイムライン上には
・吹き出し用画像
・文字1(やっほ! などの吹出し文字)
・文字2(時間/既読 などの文字)
:……:……:……:……:……:……:……:……

【ポイント】
3つを選択して目一杯右に伸ばしておく

右クリックして”ネスト”(入れ子状態)にしておく。

③ネストしたものをダブルクリックし開き 3つをコピー[optiom+C]

❏メインのシーケンス
→ ”V3”へチェックを入れ貼り付け[option+V]
※ネストしたシーケンスと重なって見えにくくなっているので目のマークのチェックを外し非表示にしておく。

④コピーしたものを修正していく

●吹出を反転
【エフェクト→ トランスフォーム(水平反転)】
 を挿入


○吹出しの色変更
【エフェクト →  RGBカーブ】
 を挿入

 →青のカーブを右上から左上へ移動
 ▶私は、このRGBカーブを何度やっても青色にならなかった…
  何でかわからず色違いの画像を挿入しました


●吹出の位置移動
【コントロールパネル → モーション→位置】
 をクリック
 画面上で吹出を移動する。


■文字の2つを選択しoption+移動でコピー
 注意)
  そのまま文字を変更すると元の文字も同じように変わってしまう。
  コピーしてから元を削除した後変更することにより防げる。

★変更後右クリック→ネスト

⑤ネストしたシーケンスにトランスフォームしていく

非表示にしたものを表示し
【エフェクト→トランスフォーム→位置】
にキーフレームをうつ。
10フレーム後に上に移動する。
タイムライン上、2つ目のネストは10フレーム目に移動する

作成したトランスフォームは右クリックして”プリセットの保存”
→”line_up”などの名前をつけ「インポイント基準」にチェックを入れ保

⑥3〜5を繰り返し次々に作っていく。

白と緑をネストしカット。
後側に⑤で保存したトランスフォームのプリセットを適用すると簡単に出来る。キーフレームの最後に新ネストを移動
(エフェクト→プリセット内にある)

  カット |❸→→→10f 辺りに移動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
❶❷|❶❷→→→ここにプリセット適用→→

⑦アニメーションをつけていく

トランスフォーム内の
■アンカーポイントと位置にて吹出しのとんがった部分に起点を設定する。
■コントロールパネル→トランスフォーム→アンカーポイント(+位置)
を選択すると画面に⊕のようなマークがでてくるのでマークを移動し吹出しの位置を設定しなおしてOK。
▲スケール(キーフレーム)1〜100へ
▲不透明度(キーフレーム)0〜90%
▲シャッター角度(キーフレーム)360から0?
※違う可能性もあります

こうやってアウトプット的に書いていくと頭の中が整理されていいですね。
しかし、正直、文字情報だけではわからないので動画を見てやってみると本当にわかりやすいです。

こうやってチュートリアルを出してくださる方には本当に感謝しかないですね♪

サムネイルも同じ配置を意識して作ってみました。

コメント